男物衣料について

  • 2012.12.05 Wednesday
  • 11:28
拍手でコメント下さった方、ありがとうございましたv

なかなかお返事できずにおりますが、
コメントいただけるといつもとっても嬉しく拝見しています。
拍手押して下さる方も♪ありがとうございます♪
基本的に一人で孤独に作ってるのでたまに、
こんな僻地のサイトだしきっと誰も見てないよね…とか後ろ向きになるので、
そんなときに拍手押していただいたりコメントいただいたりすると
頑張らなきゃ!と元気を頂戴します。

さて。

19世紀イギリスの、男物の衣料は作らないのですか、
というお問い合わせ、たまに頂戴するのですが、
申し訳ないのですがその予定はありません。
今後も無理だと思います。
19世紀の紳士服になると、もうそれは完全に「テイラー」の世界で、
徒弟制度によるきっちりとした技術の習得が不可欠になるかと。
それは私の乏しいキャパを遥かに超えてしまうので…。
リスペクトしているからこそ、
どうしてもなんちゃってになるのが嫌なのです(><)
「ドレスメーカー」と「テイラー」は19世紀においても完全に別の職種です。
労働者階級の服であればなんとか出来ないことはないとは思いますが、
希望されてるのはそれではないでしょうし。

だいぶ先になりますが、10周年が済んだら(2016年予定)
もう少し時代を遡ってみるのもいいかなあなどと考えたりもしているので、
たとえばロココの時代のアビ・ア・ラ・フランセーズだったり、
銃士服のような男物のデザインは、興味もあるので一度くらいは…と思っています。


わりと誤解されがちなのですが、
私は、器用ななんでも作れるタイプの作り手じゃないのです(><)
つーかむしろものすごく不器用で友達に笑われるぐらい…。
自分の好きなシルエット、追求したい技術に特化して、
範囲を狭く絞って磨いているので、出来ないことがほんとに多いです。
その代わり、守備範囲内は毎日そのことばかり考えながら突きつめてやっている分、
何でもやれる人よりむしろ、洗練させることができると思ってがんばってるのですが。
そもそも洋裁ならなんでも好きってタイプでもないので、
市販の型紙で普通に服作ることもほとんどしないのです(^^;
たぶん、私が好きで好きで仕方ないのは、
自分の憧れている大好きな時代のシルエット・デザインを、
着て動いたときに一番美しい服としてのかたちにすること、
そしてそれを同じ時代の服が好きだと思ってくれるほかの人に着てもらって喜んでもらうこと、
それだけなのでしょう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Twitter


ツイログ

http://twilog.org/yosinop/nomen

こちらは、Twitterでのヨシノの発言ツイートだけを
抜き出したまとめログになります。
他の方の引用などが外れているので読みやすいです。


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Costume in Detail: 1730-1930
Costume in Detail: 1730-1930 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bradfield
1730-1930年までのドレスの手書きによるスケッチ集。ドレスの裏側まで細部に渡って細かく、サイズとメモ書き付で丹念に描かれています。ドレスのの多さと情報量に圧倒されます。

recommend

Nineteenth-Century fashion in Detail
Nineteenth-Century fashion in Detail (JUGEMレビュー »)
Lucy Johnston
19世紀ファッションの現存するドレスのディテール部分に焦点を絞って掲載された写真集です。全身が載っていないドレスも多数ありますが、細かい襞や合わせ等が非常によく観察できます。

recommend

The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors)
The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris,Mare Yaroscak
上記のコレクターによるドレス集成の子供服版。可愛くて繊細なドレスがたくさん写真で載っています。

recommend

Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors)
Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris
コレクターが集めたアンティーク・ヴィンテージドレス集。
何より実際に現代の女性が当時のドレスを着た写真がたくさん載っているので、大変興味深いです。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1860〜1914までのシーンごとのドレスが紹介されています。「お茶会」「舞踏会」から「乗馬」「舟遊び」「海水浴」等等…時代の風俗を垣間見るのにも良いかと思いますv

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1880年代の洋服屋のカタログ。モノクロですが、殆どが正面とバックスタイルの2枚で紹介されているため、資料としては非常に見やすくなっています。セットアップ、コート、ドレスと紹介されている種類も豊富。子供服も有る程度充実しています。

recommend

Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886
Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886 (JUGEMレビュー »)
Florence Leniston
1886年のオールカラーのファッションプレート集。1886年なので、袖山が小さいバッスルスタイルのドレスばかりです。

recommend

Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book
Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book (JUGEMレビュー »)
Stella Blum
1837-69年、クリノリン全盛期のファッションプレートを中心に、一部小物もアイテム別で紹介。個人的にリボンの飾り襞の作成方法が嬉しい。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

マイフェアレディの時代、エドワーディアンのドレスの絵がたくさん掲載されています。ブラウス、スカート、コート、下着、帽子とアイテム別。

recommend

American Dress Pattern Catalog, 1873-1909
American Dress Pattern Catalog, 1873-1909 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bryk
ヴィクトリア時代のアメリカの婦人服と子供服のパターン屋さんのカタログ。
小さい絵ですがとにかく大量のシルエットが見られます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM