梅小路公園手づくり市御礼と、お値段改訂についてその2

  • 2014.12.07 Sunday
  • 13:39
梅小路公園手づくり市、2014年の最終が昨日終了いたしました。
おいで下さった皆様ありがとうございました♪
手づくり市でも受注を多くいただいたため、
現在の製作スケジュールが、来年10月製作分まで進んでおります。

なかなか時間が取れずに
新作のご紹介などが、ツイッターでしか出来ていない状態で申し訳ございません。
このブログの横からツイッターの発言ページに飛べますのでよかったら見てやって下さい。
ツイッターに登録していなくても、ヨシノの発言を読むだけなら大丈夫です。


年始よりの値段改訂の件、少しずつ計算を進めています。

現在受注可能品の中に載せているうち、
イルゼはしばらく作っていないので、一度人工数を再確認しなければと思っています。
予想では21000〜23000円くらい。

問題なのが、「ローウェストコートドレス」で、
原価と経費の計算式であてはめると、35000円になりました。ぎりぎり下げても32000円。
さすがにそれはどうなの?と自分でも思ってしまったので、
こちらは年内で、現在の素材や形式での製作受付は一度取りやめにしようかと思っています。
もう少し別の素材で作ろうかとずっと思案しているのですが、
それもコストダウンの方向ではなくてもっと布単価の高い生地を使う方向なので
スプリングコートで38000ぐらいになりそうで…
うーんうーん。

セーラーコートワンピースのほうはお値段据え置きで大丈夫でした。
ただこちらも、もう少し布単価の高い生地での製作を検討中ですので、
その場合は価格が上がることになります。
長袖ヴァージョンを作れないかと思っているのです。
布地の変更は一度試作してみないといけないので来年になりそうですが。


あと、前回の生地で、11月に新しく載せたデイドレスのオーダー品は値段変更の予定がない、
と言っていましたが、布持込製作の分は値上げしないと厳しいことが判明しました。
何が違うかというと自分で用意した布でない分裁断他にいっそうの神経がいるため、
人工数がぐっと増えてしまうのでした。
盲点…
おおむね来年頭から各2000円ぐらい上げる計算で予定しています。すみません。


価格があがるもの、生産中止になるもの、それぞれ出ますので、
もし今時点で受注製作のご希望がありましたら、
今の極悪な製作スケジュールでも許していただけるようでしたら
よければ年内の価格据え置きのうちにお申し込みいただければと思います。
もちろん今現在お申し込みいただいている分は、追加金額などは生じません。
皆様がご依頼下さりお待ち下さってるからこそ、ぎりぎりでもなんとか続けていられるわけで
感謝の気持ちしかありません(><)


また、先に申し上げておきますが、2016年1月には一律25%UPという形を考えております。
(家庭的な事情他もあり、いっそうの経費の増大が今後避けられないという理由です)
ざっと16000円のものが20000円になる計算です。
これでうまくいかないようでしたら、どちらにせよ今後の製作を続けていくことは難しくなります。
値上げについては大変心苦しい限りですが、
いろいろ思い返すに今までがサービス価格だった、と考えていただいたほうが正しい気がします…。


お怒りの方もいらっしゃるかとは思いますが、曲げてお許し下さい。
「高すぎる無理」と思われたら、
もうこの際Sincerelyは廃業休止したのだと考えていただけるとよいのではないかと^^;

2015年のうちに出来るだけ皆様にたくさんの作品をお届けできるように、
体調に気をつけてがんばって行くつもりです。

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Twitter


ツイログ

http://twilog.org/yosinop/nomen

こちらは、Twitterでのヨシノの発言ツイートだけを
抜き出したまとめログになります。
他の方の引用などが外れているので読みやすいです。


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Costume in Detail: 1730-1930
Costume in Detail: 1730-1930 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bradfield
1730-1930年までのドレスの手書きによるスケッチ集。ドレスの裏側まで細部に渡って細かく、サイズとメモ書き付で丹念に描かれています。ドレスのの多さと情報量に圧倒されます。

recommend

Nineteenth-Century fashion in Detail
Nineteenth-Century fashion in Detail (JUGEMレビュー »)
Lucy Johnston
19世紀ファッションの現存するドレスのディテール部分に焦点を絞って掲載された写真集です。全身が載っていないドレスも多数ありますが、細かい襞や合わせ等が非常によく観察できます。

recommend

The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors)
The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris,Mare Yaroscak
上記のコレクターによるドレス集成の子供服版。可愛くて繊細なドレスがたくさん写真で載っています。

recommend

Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors)
Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris
コレクターが集めたアンティーク・ヴィンテージドレス集。
何より実際に現代の女性が当時のドレスを着た写真がたくさん載っているので、大変興味深いです。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1860〜1914までのシーンごとのドレスが紹介されています。「お茶会」「舞踏会」から「乗馬」「舟遊び」「海水浴」等等…時代の風俗を垣間見るのにも良いかと思いますv

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1880年代の洋服屋のカタログ。モノクロですが、殆どが正面とバックスタイルの2枚で紹介されているため、資料としては非常に見やすくなっています。セットアップ、コート、ドレスと紹介されている種類も豊富。子供服も有る程度充実しています。

recommend

Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886
Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886 (JUGEMレビュー »)
Florence Leniston
1886年のオールカラーのファッションプレート集。1886年なので、袖山が小さいバッスルスタイルのドレスばかりです。

recommend

Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book
Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book (JUGEMレビュー »)
Stella Blum
1837-69年、クリノリン全盛期のファッションプレートを中心に、一部小物もアイテム別で紹介。個人的にリボンの飾り襞の作成方法が嬉しい。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

マイフェアレディの時代、エドワーディアンのドレスの絵がたくさん掲載されています。ブラウス、スカート、コート、下着、帽子とアイテム別。

recommend

American Dress Pattern Catalog, 1873-1909
American Dress Pattern Catalog, 1873-1909 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bryk
ヴィクトリア時代のアメリカの婦人服と子供服のパターン屋さんのカタログ。
小さい絵ですがとにかく大量のシルエットが見られます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM