新年のご挨拶(だいちこく)

  • 2016.01.14 Thursday
  • 17:28


2016年、よろしくお願い申し上げます。(大変に遅ればせながら…)
(写真は○十年前のお正月の写真です。大掃除でみつけました。
着ているものから七五三のすぐ後のお正月。私が6歳。弟が4歳。
今はいいおっさんになってしまった弟のまあかわいいこと…)

今年はSincerelyとして活動を始めてから10年になります。
立ち上げ当初から、10年かけて19世紀100年間のドレスシルエットを
現代の街着として再構築していく。
そして10年経ったらその成果を一堂に会した個展を開く、
というのを目標に活動してまいりました。
その区切りの年。

今年の抱負は、まずは、10周年展とそれに関わる企画を無事に完了させること。
そして次の10年へ繋げていくこと。

この10年で100年分のシルエットの原型だけはある程度貯められたかなと思うので
これから先はアレンジでデザインの幅を広げていく予定をしています。
あと、17世紀や18世紀や第一次世界大戦前とかにちょっと浮気するつもりでいます。
銃士服とかアビ・ア・ラ・フランセーズ風とかアールデコ時代とか、
あと和装のアレンジとかもあー作りたいなあって。わくわくしています。
10年間は19世紀モチーフのデザインに専念する、ほかは我慢するって基本的に決めていたのです。
ピクニックatハンギングロックが好きすぎて、エドワーディアンはちょっと入れたけど、
あれはほら1900年だし一応19世紀だから!みたいな(笑 


去年はいろいろあって思うような活動がなかなか出来ずに自分自身はらはらしましたが
それでも少しずつ、節目へ向けていろいろな準備を進めてきました。

年の頭のほうに父が体調を崩し、なかなか思うように任せなくなりました。
予定していたものが無理になったりとかもいろいろありました。
振り返ると活動自体が本当に大きく変化しています。

手作り市をやめたこと。
デザインフェスタを定期的に取ろうと思えるぐらい関東にも助けて下さる方がいらっしゃると分かったこと。
雑誌に掲載していただいたのも去年が初めてのことで、しかも3件頂戴しました。
そこからSincerelyを知って下さった方もいらっしゃって感謝の気持ちでいっぱいです。

年が明けて、以前より予定しておりました価格の改定をしております。
カートもオーダーページも完了済みです。
カートはお借りしているところの改定で、なにやら非常に使いにくい状態になってしまっているので、
早いうちに別の場所に移動させたいと思っています
(製作とイベント準備がどうしても優先してしまうのでなかなか果たせないのです…)



たぶん私のSincerelyの目指す先は、今後緩やかに
「仕立て屋さん」になっていくのではないかと思います。
工場に出し、ショップに卸し、という他のブランドさんとは
少しずつ進む道がずれていくのではないでしょうか。
 

偉そうにいえるほど、実のところちゃんと出来てはいません。
何度ももうこんなに出来ないならやっぱり辞めたほうがいいのじゃないかと思いました。
ことに製作については遅れ遅れで多大なご迷惑をかけている方もいらっしゃって…それでも
「潔く諦める」ことが待ってくださってる方への誠意だと考えるのは間違っているのではないかと。
誠意は「それでも服を作るためにあがくこと」だろうと。
「ちゃんと出来ないから迷惑をかけて心苦しいからもうこれ以上作るのは辞めます」とだけは言うまい、と心に決めました。
きっと活動はこれからもみっともないでしょうが、出来る限りご迷惑が少なくて済むよう、
精一杯勤めていきたいと考えています。




今年の夏、6月の7日から12日の6日間、
京都三条寺町の1928年に建てられた以前は新聞社だったと言うレトロなビル、
1928ビルの1階の奥のギャラリーにて、Sincerely10周年展を開催いたします。
5年ほど前から、どうせならここで10周年の展示をしたいと憧れていた建物での開催です。
憧れが現実になる、というだけで今からどきどきしています。
どれだけどんくさくても諦めずに辛抱強く実現に向けて続けてゆけばやはり願いは叶うのだと思いました。

基本的に、この10年間で仕立てた作品をお客様からお借りする形で展示しようと思っています。
販売を主眼としたいつもの展示会とは趣を異にしますが、
ヨシノが10年間どのぐらい頑張れてどのぐらい頑張れなかったのか、
そしてこれから何が出来るのかどこへ行こうとしているのか、よかったら見にいらして下さいまし。

土曜日の夕方に、レセプションパーティーなるものもやってみたいなあとか、
ディスプレイのことなどあれこれ、まだまだ夢は膨らんでいます。
ある程度は試着していただけるもの、販売できるものもご用意する予定です。
布違いでしたら以前の作品のお作りのご相談もそっと承れるかな、と思っております。

京都で6月に10周年展を開催するのに先立ち、
東京は5月の14日15日のデザインフェスタにて、10周年展のプレ展示を行います。
幸いなことに運よく場所も確保できましたので、
京都の展示品全点と言うわけにはいきませんがそれでも精一杯の形でご覧いただければと思っています。

9月3日には大阪中之島中央公会堂で「Romantic A La Mode」も久しぶりに開催されます。
ロマアラさん主催のファッションショーへも
「Sincerelyの10年」を表現する形で参加させていただきたいと現在、少しずつ計画しているところです。



今年の上半期イベントの予定としては、以下のとおりになります。

4月8−10日 京都御幸町御池上ル Gallery Take Two 期間限定合同ショップ「秘密のお針箱 3」

5月14・15日 東京有明ビッグサイト デザインフェスタ 「Sincerely10周年展Pre」

6月7−12日 京都三条寺町1928ビル1F 同時代ギャラリー 「Sincerely10周年展(仮)」

9月3日 大阪中之島中央公会堂 「Romantic A La Mode」 ブース参加、ファッションショー参加

いずれもイベントの際は、現在ストップしている受注のご相談はさせていただく予定をしております。
無謀にならないよう出来るだけ製作は前倒しに進めたいところですが…それは体力しだいと言う部分もあり;

委託の状況ですが、ずっと一時お休みしたままの状態が続いています。やめてしまったわけではなく、
匣ノ匣さんにもAmanojaKuさんにもお声はかけていただいていて
自分でもやる気満々なのですが、体調を崩すたびに結局、委託品を作る時間が削れてしまうので、
ずっと作れないまま時間が流れて…でも早くに!早くに!とずっと思っています…
今現在もまだお渡しできる状況に至っていないのが心底口惜しい。

と、ともかく体調を出来る限り気をつけて、せいいっぱいのものをお見せできる一年にしたいです。
書き出していくと、あんたどの口で体力がないって言ってるの、っていう感じに自分で立てた企画で
やることが山ほどなんですが…これでまだ今年の計画のうち書き出していないものも実のところまだまだあるのですが…
遅れても間に合わなくてもいつか絶対に実現させる、形にする、という諦めの悪さだけは
この10年のうちに身につけた気がいたします……がんばります。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Twitter


ツイログ

http://twilog.org/yosinop/nomen

こちらは、Twitterでのヨシノの発言ツイートだけを
抜き出したまとめログになります。
他の方の引用などが外れているので読みやすいです。


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Costume in Detail: 1730-1930
Costume in Detail: 1730-1930 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bradfield
1730-1930年までのドレスの手書きによるスケッチ集。ドレスの裏側まで細部に渡って細かく、サイズとメモ書き付で丹念に描かれています。ドレスのの多さと情報量に圧倒されます。

recommend

Nineteenth-Century fashion in Detail
Nineteenth-Century fashion in Detail (JUGEMレビュー »)
Lucy Johnston
19世紀ファッションの現存するドレスのディテール部分に焦点を絞って掲載された写真集です。全身が載っていないドレスも多数ありますが、細かい襞や合わせ等が非常によく観察できます。

recommend

The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors)
The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris,Mare Yaroscak
上記のコレクターによるドレス集成の子供服版。可愛くて繊細なドレスがたくさん写真で載っています。

recommend

Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors)
Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris
コレクターが集めたアンティーク・ヴィンテージドレス集。
何より実際に現代の女性が当時のドレスを着た写真がたくさん載っているので、大変興味深いです。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1860〜1914までのシーンごとのドレスが紹介されています。「お茶会」「舞踏会」から「乗馬」「舟遊び」「海水浴」等等…時代の風俗を垣間見るのにも良いかと思いますv

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1880年代の洋服屋のカタログ。モノクロですが、殆どが正面とバックスタイルの2枚で紹介されているため、資料としては非常に見やすくなっています。セットアップ、コート、ドレスと紹介されている種類も豊富。子供服も有る程度充実しています。

recommend

Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886
Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886 (JUGEMレビュー »)
Florence Leniston
1886年のオールカラーのファッションプレート集。1886年なので、袖山が小さいバッスルスタイルのドレスばかりです。

recommend

Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book
Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book (JUGEMレビュー »)
Stella Blum
1837-69年、クリノリン全盛期のファッションプレートを中心に、一部小物もアイテム別で紹介。個人的にリボンの飾り襞の作成方法が嬉しい。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

マイフェアレディの時代、エドワーディアンのドレスの絵がたくさん掲載されています。ブラウス、スカート、コート、下着、帽子とアイテム別。

recommend

American Dress Pattern Catalog, 1873-1909
American Dress Pattern Catalog, 1873-1909 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bryk
ヴィクトリア時代のアメリカの婦人服と子供服のパターン屋さんのカタログ。
小さい絵ですがとにかく大量のシルエットが見られます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM