カートは停止しています。

  • 2016.09.26 Monday
  • 15:53

…カートの更新は結局出来ませんでした。

ずいぶん長いこと体調不良を引きずってしまったのと

(たぶん台風のせいが大きいかと)

まだ本調子でないので、このままだと

ハンターズフェアに持っていくものがない、という事態になりかねないので、

そちらを優先するしかないと判断いたしました。

 

もしご検討いただいてた方がいらしたら本当に申し訳ないです…

カートの更新を延期します;

  • 2016.09.14 Wednesday
  • 21:39

体調不良により、今晩予定していたカートの更新を延期します。

申し訳ございません…。

2016.9.3 ロマンチックアラモード

  • 2016.09.13 Tuesday
  • 04:22

9/3のロマンチックアラモードでは、イベント内で行われたファッションショーに参加させていただきました。

今回は、「19世紀英国100年間のドレスシルエットを、21世紀の街着として再構築する」をテーマとして、

製作モチーフにした年代順に歩いていただくというショーでしたので、

いつもお願いしている方だけでなく、総勢9名!のかたに助けていただきました^^ありがとうございました。

どなたにどれを着ていただこうかあれこれ迷うのも楽しかったです。

 

19世紀初頭から1820年代までのエンパイアスタイル。

 

1830ー1860年代の第2ロココとも呼ばれるふんわりしたシルエットの時代。

 

1870−1880年代のバッスルドレスの時代。

 

1890年代、Sincerely 一番の定番スタイル。

 

最後のウェディングドレスは今年の3月に製作させていただいたものです。

 

街着、がテーマなのでとてもシンプルな形のショーでしたが、

最後のウェディングドレスで華やかに締めていただいたかな、と。

 

10周年展でトルソーでのモチーフ年代順のドレス展示を行いましたが、

やはり、うちの服は着ていただいてこそ、だと思っているので

今回ずらりと並んでいただくことが出来てすっごく嬉しかったですv

とてもいい記念になりました。

 

壮観でしょう。ふふふ。

 

会場の中之島中央公会堂自体が華やかなホールなのでとても綺麗v

周りにたくさんうちのドレスを着てきてくださった方たちがいて下さる情景は

うっとりするほど素敵でしたv

(ショーの本番以外も割と会場内で長い間着ていただいてたのでした)

 

販売も今回は即売品中心で、

シノワドレスばかりにはなりましたが「たくさんありますね」って言ってもらえて

よかったです^^;

家のほうが今年の夏はずっとばたばたしていたので、

ぎりぎりまでもう駄目かも…と思っていたけれど諦めずにいてよかった。

 

 

↓ロマアラでの販売物などご紹介。ツイッターでは予告していたのですが、ブログのほうまで手が回りきれなくて;

ツイッターを見ない方にはいろいろとご迷惑をおかけしております;

 

 

今回ご用意したシノワドレスの新柄。

(写真を取り直せていないので、後半作りかけの写真で申し訳ないですが…)

黒猫が隠れている布屋さんで一目ぼれした柄の生地です。

去年の人気柄が今年再販になって嬉しくて購入してきました。

各色各サイズ1枚ずつ製作中。

ロマアラで黒地に赤9号、芥子9号、こげ茶11号は既に販売済みですが、

残りもロマアラ以降製作を続けていて(今現在まだ途中ですが)

15日の日付が変わるころにまとめてサイトのカートにUPさせていただこうかと思っております。

 

こちらも久しぶりに製作した、ウィリアムもリスの「ストロベリーシーフ」柄のノースリーブボウブラウス。

青のほうはロマアラで完売いたしました。ありがとうございました。

紫のほうが7号と13号の2点が残っているので、こちらも15日にカートにUPしようと考えています。

 

カートのほうは15日から5日間だけオープンにして、それ以降は、

ハンターズフェア終了まで一旦閉めさせていただく予定です。

今のカートが非常に不満なので、カートの場所を変える予定で現在考えています。

 

ショーの準備に思った以上に手を取られて、

(やはり9人の方に動いていただく、というのはすごいことでした。皆様本当にありがとう)

まったく他を見て回ったりする余裕がなくて、終始ばたばたと過ごしてしまいましたが、

久しぶりのロマンチックアラモードは相変わらず盛況でとてもにぎやかなイベントでした。

今回はショーが別会場になっていて、会場にゆとりが出来てよい感じの販売だったのではないかと思うのですが

その代わり、ショーの会場のほうはぎゅうぎゅうの満員状態で「少しだけ覗きに行く」といったことが

全然出来なかったのが心残りではありました^^;

結局、いつ始まっていつ終わったのかもよく分からなかった…;

音楽や放送ぐらいは、販売会場のほうにも放送されるとよかったのになどとも思ってしまったのですが。

毎回、いろいろ考えて改善した形でイベントをされているので新しいことでまた改善点が出てしまうのは

しかたのないことかと。本当に主催されてる方たちには頭が下がります。

関西でとても大事なイベントになっていると思います^^

 

次は2017年4月1日開催とのこと。

 

また、ショーにも参加できるかな…予定を立てて頑張ってみたいです。

ありがとうございました。

カートを更新しました。

  • 2016.08.05 Friday
  • 12:34

少しだけカートにシノワドレスを追加しました。

 


シノワドレス<海図>レッド 11号(オックス生地・通年)


シノワドレス<しじらレジメン>ブルー 7号(夏向けの和生地)


PTシノワドレス・レッド・9号(ポリエステル生地・通年)

 

いずれも1点ずつです。海図としじらレジメンはもう布地が最後なので、これでおしまい。

6月7月と、家のほうが少々ごたごたしていたのと案の定、体調不良をおこしていて

製作が滞りご迷惑をおかけし倒しております。申し訳ございません(><)

 

10周年展終了いたしました。ありがとうございました。

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 21:36

展示会終了後、家のほうでごたごたが続き、結局何も出来ないままに既に1ヶ月…。

お待ちくださってた方がいらしたら申し訳ないです;

相変わらずだめだめですみません。

 

でもあの空間を思い出すと今も幸せな気持ちになります。

おいでくださった皆様、応援してくださった皆様、

そしてたくさんたくさん助けてくれたお友達たち。本当にありがとうございました。

 

会場風景は会期中にもUPしていたので、重複しますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回顧展みたいな形のものの参考に出来るのが、

思いつくのが美術館の展示ぐらいだったので、そういう風にイメージしながら設営しました。

自分で活動履歴を書き、キュレーター風に説明文を書き、

これって自作自演…と思いながら^^;

 

頑張って作ったレジュメも、褒めていただけて嬉しかったです。

見てくださった方が楽しんでいただけたならよかったなあと思います。

 

土曜日の夕方には「レセプションパーティ」まで。

30人近い方が来てくださって10周年をお祝いして、楽しく時間をすごしました^^

 

 

 

 

 

 

 

展示会当日の会場スタッフとして動いてくれたのが5人。

設営や撤収、パーティの準備を手伝ってくれたのがさらに6人。

企画にご協力いただいた方はイラストレイターのお3人を始め、たくさん。

それからツイッターで泣きついた私に、パニエを融通してくださった方が6人。

20人以上の方に支えられて、盛況のうちに終わった、幸せな幸せな作品展でした。

 

来場者数は、だいたい300人ぐらいでしょうか(レジュメをお配りした枚数で判断)

デザフェスのほうのレジュメのはけが700枚ぐらいだったので、

全部で1000人ぐらいの方が見て下さったことになります。

ほんとうにありがとうございました。

 

10年かけて19世紀のシルエットの自分なりに消化した基本パターンを曲がりなりにも揃えることができ、

(まだまだ足りない部分は多いですが)

これでようやく活動の下準備が終わったかなという感じがしています。

これからもくじけずに、失敗してもなんとか諦めずに、粘り強く制作を続けていけたらと思います。

せめてもう少しお客様に迷惑かけずに済むように…

 

レセプションパーティでは皆にメッセージを書いてもらったのですが、

20周年に期待してます、って書いてくれた方の多かったこと多かったこと(笑 

 

 

10周年展のアニバーサリーグッズとして製作したグッズと、

会場で販売していた即売品の在庫分4点をカートにUPしております。

よろしければどうぞ^^

 

アニバーサリーグッズは大好きなイラストレイターさんばかりなので自信をもってお勧め^^

 

10周年展開催中です。

  • 2016.06.11 Saturday
  • 02:58
開催日が長いのをいいことに、毎日少しずつ展示を改善しています。
少しでもよいかたちにしていきたい。
開催4日が過ぎました。
来てくれた方が楽しそうに声をかけてくださり、
また芳名帳としてご用意させていただいたカードも数が集まってきています。
「Sincerelyとしての10年」を評価していただけてるのなら嬉しいなあと思います。

でも、ずっとずっと思い描いていた展示なので毎日がとても幸せです。
「19世紀100年分のシルエットを、1年に10年分ずつ、
10年かけてパターンを引いて形にしていき、10年後にそれらを一堂に集めた展示をする」
夢のような計画だったのに、今ほんとに出来てるんだなあって。
きっとずっと忘れられないことでしょう。

あれこれと詳細など。

入り口入ってすぐには、活動略歴と今までに自分たちで開催したイベントのDMを並べています。
10年間でずいぶんとたくさんやったのだなあと改めて思ったり。
自分が「参加」しただけのイベントは一切入っていなくて、自分で企画して開催したものだけで
この量なのでした。…やりすぎ?^^;

今までに開催したイベントのDMは、ご自由にお持ち帰りいただくことが出来ます。
結構かわいく出来てると思うのです。うちのDM^^
「このイベントの後からは、送ってもらってるので持ってます」
「いただいたぶんはちゃんとファイリングして取ってありますよ」
って言っていただいたのがとても嬉しかった。

この写真は開催2日目のもの




ドレスはモチーフにした年代ごとに順を追って見ていただけるように、
順路に沿って並べています。
もとになった歴史ドレスのイメージがなんとなくでも分かるように、
集めていたアンティークのファッションプレートなどを「目次」のように一緒に並べました。
(「絵」として持っていない年代のものは、書籍の表紙を代用しています)



入ってすぐの正面に飾らせていただいた、
10周年記念でイラストレイターの皆さんにお願いした、
「Sincerelyのドレスを着た女の子」の原画と


それを使った、記念のスーベニール。
どれもとても素敵に仕上がったと思うので、おひとついかがでしょうか。




ドレスの製作の際に使用している、書籍資料。
(一部、モチーフにしている文学本や、19世紀の生活風俗に関する本もあります)
10年でこのぐらいというのは正直、研究資料としては全然少ないのですが。
研究が本業ではなくて実作メインなのでこれでも読みきれてなかったりします。
普通にAmazonで手に入る価格があまり高くない洋書が中心で、一部のものは中古で探したものです。
閲覧自由にさせていただいているので、
タイトルのメモを取る方や、ゆっくり腰を落ち着けて読んでいかれる方もいらして、
私が持ってるだけだった書籍がほかの方の何かのお役に立てたなら嬉しいです^^



一週間(6日間)もあった展示も、後二日を残すのみとなりました。
今までは平日でわりあいゆったりと対応させていただけましたが、
ギャラリーがレトロな建築の多い三条通に面していて実際にビルもレトロな風情のあるビルのため
観光客の方も多く見えるところなので、
土日はどうなるか、不安でもあり楽しみでもあります。

お目にかかれる方、お待ちしております^^

今週一週間ずっと、10周年展v

  • 2016.06.08 Wednesday
  • 09:20
10周年展、無事に初日を迎えることができましたv







日曜日の搬入の際と、火曜日朝の開場前にいっぱいの方に手伝っていただいて
とても素敵な展示が完成していますv

お客様にお借りした、今までの代表的な作品たちと、
絵画や写真を中心としたたくさんのコラボ作品v



入り口入ってすぐは、今回の「記念コラボ」で作っていただいた作品を飾りました。
原画の繊細さをぜひご堪能ください^^

今回の10周年展でリクエストをいただいたものから、
今秋の展示会までに再製作を目指して行きます。

(京都の定例の二人展はライト商會さんで11月の11−13日を予定。
東京も秋にどこかのイベントには参加する予定です)

カード形式のご芳名帳を用意いたしました。ぜひお名前だけでなく
リクエストや感想なども頂戴できたら嬉しいです^^


今週いっぱいは展示をさせていただいています。
京都の中心的な繁華街新京極、寺町京極からすぐの
「御幸町三条」の旧新聞社ビル1928ビルの1階の奥「同時代ギャラリー」にて。
13:00〜19:00(土曜日は18時半よりパーティ、最終日は17時まで)で開催しておりますので、
お仕事帰りにでもぜひお立ち寄りください^^

いよいよ明日です。

  • 2016.06.06 Monday
  • 11:34
このところ更新がまったく出来ていない状態で申し訳ないです…;
デザフェスの報告も書こうと思って画像だけ貼って放置って;
(あとで足しておきます)

いよいよ10周年展は明日から始まります。



金田アツ子さま×Sincerelyコラボ(><)
10周年の記念でぜひ描いていただきたいんです!ってお願いしました。
彼女が着ているのは、1880sアフタヌーンドレス<ローズ>
もー私、「10周年だから」を伝家の宝刀にして
大好きなイラストレイターさん何人にも描いていただいたという(笑
(だって15周年とか20周年とか続けてられる保証なんてないし(><)心残りのないように頑張った)
ただスキャンをしたのが私なので原画の微妙な繊細さがうまく出ていないような気もするのですが…

当日、会場の入り口のところに原画を展示させていただきます。
ご鑑賞ください。
お手元でも愛でていただけるように、
10周年記念のグッズとしてレターセット(432円)とグリーティングカード(216円)に仕立てました。
どちらも素敵に出来ました^^

グッズといえば長年10周年になったら絶対に作ろうと思っていたグッズがありまして…


それは着せ替え!!!
描いて下さったのはCandyJaneさま。やったー!!
仲良くさせていただくようになった最初のころ(2008年)からずっと
「10周年には着せ替え描いてね」とお願いしていて
「気の長い話やなー」って笑われていたのですが8年経ってちゃんと実現してもらいました!やったー!
畳むとA4で広げるとA3延びサイズなのでなかなか迫力があります^^
折らずに持って帰っていただけるぎりぎりのサイズがA4かなーと思ったので、
この形状はヨシノのほうからお願いいたしました。
こちらも10周年記念グッズとして販売いたしますvえへへv(324円)
データでいただいたので「原画」ではないのですが会場入り口に額に入れて飾らせていただきます^^

以前からDMのイメージ画像として露出していた井ノ上マサル(井ノ上豪)さまの
ふんわり素敵な<メアリ>を着た女の子のイラストも、レターセット(432円)に仕立てました^^
同じく会場入り口に原画を飾りますので、WEB画像や印刷ではどうしても微妙に変わってしまう
井ノ上マサルさんの水彩の世界をご堪能していただけたらと思います^^



この10周年記念グッズについては、単品のほかに
「アニバーサリーセット」として4点まとめての販売もさせていただく予定でおります。
(税込み1200円)ちょっとだけお得な値段設定です。
ヨシノの大好きな作家さんたちの素敵な絵ばかりなのでよかったら是非^^

展示は火曜日から始まるのですが、会場側のルールで昨日の夜に先に荷物の搬入を行いました。
トルソー27体、ハーフトルソー6体に、
ツイッターでお願いしてお借りしたりお譲りいただいて揃えたパニエが
以前から持っていたものも含めて40枚以上。
いつもスタッフしてくれている二人に加えて全部で5人手伝いに来て下さって。
…頑張って設営したのですが、会場のパーティションを移動させ、
トルソーにパニエと服を着せてだいたいの場所に設置したところで
設営用に会場からいただいた3時間が時間切れに。
私の段取りが悪くてうまく動いてもらえなかったというのもあるけど
やっぱり尋常じゃなく時間がかかる展示だ…。
自分で考えたんだけど。
明日の朝からまた5人来てもらって開場までに綺麗に揃えられるように頑張ります(><)

写真と絵、それと今までにコラボしていただいたクラフト作家さんの作品展示など
大事なところがまだまだ残ってるのでした。
がんばる…そしてがんばってもらう…。

このところなかなかブログの更新が出来ませんが、出来れば写真を撮って
初日の報告をしたいと思います。ヨシノの体力が持つことを願ってやってください^^;

デザフェスありがとうございました

  • 2016.05.31 Tuesday
  • 09:48


 

今から東京に行ってまいります。

  • 2016.05.13 Friday
  • 11:09


皆様のお手元に、10周年展のDMは無事に届いていますでしょうか。
10周年記念なので、ということで、ずっと
「いつかSincerelyの服を着た女の子を描いていただきたいなー」
とこっそり思っていた井ノ上豪さんに依頼を受けていただきましたv
原画は今パソコンの前、毎日目に入るところに飾っているので、毎日とても幸せですv
京都展では原画も展示させていただきますね。

(実はほかにも大好きなイラストレイターの方に
「10周年記念なので」ということでお願いして描いていただいた絵があるのですが
それはまたもう少し先に…。私、勇気を出しました…)


先日紹介しました10周年展のブログのほうに、
DMにも載せておりました、土曜日の夜のレセプションパーティのことを書いております。
ご覧になっていただけたら嬉しいですv

http://sincerely10th.jugem.jp/?eid=5

初めてのことでとても不安なので、一応の人数確認をさせていただこうと思っております。
しょうがない、ヨシノのためにちょっと行って乾杯してやろうかな、と思われる方はぜひ、
メールフォームから教えていただけたら嬉しいです。

500円の会費徴収は、引き換えに500円の割引チケットをお渡ししますので、
今後にお買い物してくださったら結果無料になる、
と言う扱いにさせていただこうと思っています。(><)






展示説明用のレジュメも作ってみました☆
10周年展Preとしてブースを取った、デザインフェスタでもこちらはお配りいたします。

なんだか必死で頑張ってもがんばってもやらないといけないことは山のようで
ご迷惑もいっぱいおかけしてしまって;
ああやっぱり私って かっこよくこなすことって出来ないのだな、
と思いつつ、それでもせいいっぱいを見ていただけたらと思っております。

それでは、まずはデザインフェスタにて前哨戦、行ってまいります。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Twitter


ツイログ

http://twilog.org/yosinop/nomen

こちらは、Twitterでのヨシノの発言ツイートだけを
抜き出したまとめログになります。
他の方の引用などが外れているので読みやすいです。


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Costume in Detail: 1730-1930
Costume in Detail: 1730-1930 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bradfield
1730-1930年までのドレスの手書きによるスケッチ集。ドレスの裏側まで細部に渡って細かく、サイズとメモ書き付で丹念に描かれています。ドレスのの多さと情報量に圧倒されます。

recommend

Nineteenth-Century fashion in Detail
Nineteenth-Century fashion in Detail (JUGEMレビュー »)
Lucy Johnston
19世紀ファッションの現存するドレスのディテール部分に焦点を絞って掲載された写真集です。全身が載っていないドレスも多数ありますが、細かい襞や合わせ等が非常によく観察できます。

recommend

The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors)
The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris,Mare Yaroscak
上記のコレクターによるドレス集成の子供服版。可愛くて繊細なドレスがたくさん写真で載っています。

recommend

Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors)
Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris
コレクターが集めたアンティーク・ヴィンテージドレス集。
何より実際に現代の女性が当時のドレスを着た写真がたくさん載っているので、大変興味深いです。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1860〜1914までのシーンごとのドレスが紹介されています。「お茶会」「舞踏会」から「乗馬」「舟遊び」「海水浴」等等…時代の風俗を垣間見るのにも良いかと思いますv

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1880年代の洋服屋のカタログ。モノクロですが、殆どが正面とバックスタイルの2枚で紹介されているため、資料としては非常に見やすくなっています。セットアップ、コート、ドレスと紹介されている種類も豊富。子供服も有る程度充実しています。

recommend

Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886
Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886 (JUGEMレビュー »)
Florence Leniston
1886年のオールカラーのファッションプレート集。1886年なので、袖山が小さいバッスルスタイルのドレスばかりです。

recommend

Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book
Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book (JUGEMレビュー »)
Stella Blum
1837-69年、クリノリン全盛期のファッションプレートを中心に、一部小物もアイテム別で紹介。個人的にリボンの飾り襞の作成方法が嬉しい。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

マイフェアレディの時代、エドワーディアンのドレスの絵がたくさん掲載されています。ブラウス、スカート、コート、下着、帽子とアイテム別。

recommend

American Dress Pattern Catalog, 1873-1909
American Dress Pattern Catalog, 1873-1909 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bryk
ヴィクトリア時代のアメリカの婦人服と子供服のパターン屋さんのカタログ。
小さい絵ですがとにかく大量のシルエットが見られます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM